忍者ブログ

USフロント

架空国家レゴシティ合衆国(以下USLC)に本社を置く、架空の民間「警備」会社を紹介するブログです。 所謂ごっこ遊び

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

移動指揮本部

概要


この車両は近年の機動的な警備状況に合わせて、一々現地で建物を借りて通信機材を設置してと言う本部展開の時間的損失、予算的損失を嫌ったUSフロントが、中古の現金輸送車を改造して制作した
移動式の警備本部である。




特徴


現金輸送車をベースとしたのは、ある程度の装甲が確保できるからである。
とは言え、この車両はあくまで現場まで移動するだけの本部であるため、警備の最前線に投入出来るような防御力はない。



荷台に通信指揮設備を備えた本部機能を搭載し、屋根や荷台側面に対空レーダー、衛星通線アンテナ、周辺監視用の遠隔操作カメラにサーチライトを備え、中近距離通信アンテナをフロント周りに備える。


PR

改SHI-10Mk6多用途戦闘機

概要


この機体は洋上交通警備のため、すでに運用している改SHI-10を発展改造し、全般性能を向上させた機体である。
改SHI-10採用各国での改造を反映した結果、原型機の面影があまりない。




特徴


最大の変更点は双発化し、悪化した航続距離を補うためコンフォーマルタンクを装備していることである。
他にも翼面積を拡大し重装備化。
肥大した重量を支え、機動性を保つためにカナードを追加装備している。


翼端に熱源デコイロケット、電子ジャマーロケット、長距離AAM
翼下翼端側ハードポイントに巡航ミサイル
翼下胴体側ハードポイントに高機動AAMを2発
ストレーキ下部ハードポイントとエアインテーク下部ハードポイントに空対地ミサイル
胴体下ハードポイントにECCMポッド
機首下ハードポイントにミサイル照準ポッドを装備し、機首には1プレート重機関砲を備える。


足回りにのみ、原型機の面影を見ることが出来る。


コックピットはグラスコックピット化しHUDを装備する。


原型機とのツーショット ホーネットとスーパーホーネット程度には別物である。

オストメーア哨戒ヘリコプター

概要


海域の安全確保のために使われる哨戒ヘリである。
民間機を改造して武装しているため、ややアンバランスであるが、その分整備性は高い。




特徴


水陸両用機であり、左舷のフロートから対潜磁気探知機を突き出す
ことにより対潜索敵能力を得ている。




機首方向固定機銃1門や対地ロケット6発、対潜爆雷4発などを積んでいるが、
救難や輸送にも使えなくはない。

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

HN:
性別:
男性

ブログ内検索

最新CM

[08/14 関山]
[08/05 ポポ]
[01/29 スコウ]
[01/26 ポポ]
[03/29 ポポ]

最新TB

P R

バーコード

忍者アナライズ